WiMAX W04を使ってみた

WiMAX W04について

WIMAX W04とは?

2017年の2月に発売されたWiMAXの最新機種です。

下り最大通信速度が440MbpsというモバイルWiFiの中では最速の速さが特徴です。


また、WiMAXの回線は建物や雨など障害物の影響を受けやすいことがネックでした。 しかし、その場合にはauの回線に切り替えることで安定して利用することができます。 デザインは今までのWiFiとは異なり「細く長い」という印象があります。

WiMAX W04の速度について

WiMAXのW04については速度が大きな特徴なので掘り下げて説明したいと思います。

上記でも記載しましたが下り通信最大速度は440Mbps、モバイル型のWiFiの中では最速です。上り通信最大速度については、30Mbpsです。

一般的なモバイルWiFiの平均として下り通信最大速度は150Mbps、上り通信最大速度は50Mbpsほどです。


下り通信最大速度は一般的なWiFiと比較すると圧倒的に速いと言えますが、上り通信最大速度は一般的なWiFiと比較するとやや遅いように感じます。しかし、元々WiMAXのWiFiは上り通信最大速度が10Mbpsほどなのでかなり伸びていますがまだまだ上りの速度の課題は多いと言えます。


※下り通信最大速度とは受信速度のこと、上り通信最大速度とは送信速度のことです。

WiMAX W04の料金について

WiFiレンタルの場合

弊社の国内WiFiレンタルの比較サイトの場合料金は、490円/日、7980円/月となります。

機能性は良いですが、若干他のWiFiと比較すると料金は高いよう感じます。 弊社の比較サイトでW04を取り扱いしている会社は「WiFiレンタルサービス」のみとなり上記の金額もこちらの会社を参照としています。

購入の場合

購入する場合、プランによって異なりますが割引後の金額は3696円/月~4380円/月となります。プランは主に容量や契約期間によって異なります。

機種代金は0円で購入することができます。

WiMAX W04を使ってみて

封入物について

W04をレンタルすると封入物は上記にあるようにWiFi本体と充電器となります。

W04は細長い形状のため持ちやすく、分厚いわけでもないため持ちやすいです。 また、デザインも今までのWiFiに比べるとおしゃれに感じます。

利用方法について

電源のボタンは正面から見て右側の側面についております。

基本的には電源を入れWiFiの裏にあるIDを選択しパスワードを入力すれば使用することができます。

上記の画像ではモザイクになっている部分にパスワードが記載されています。

通信の切り替えについて 電源を入れるとメニューに通信モード設定というボタンがあるためクリックします。

クリックすると下記のメニューが出るためその時々によって使いやすいモードをお選び下さい。

まとめ

W04はWiMAXの最新機種であり、料金についてはレンタルWiFiの中では若干割高かもしれません。

料金の高さの要因は機能性の高さであると感じました。特徴はモバイルWiFi最速の速さです。速さだけではなく、通信のモードを切り替えが自由にできるため安定感を持った通信モードにすることも可能です。

パソコンなどの作業で速さを重視したい場合に効果を大きく発揮するのではないかと思いますのでビジネスマンにおすすめのWiFiです。