長期間使うWiFiの選び方とは?


ポケットWiFiを国内でレンタルする場合種類は様々です。
ポケットWiFiは持ち運べるので、急な出張や旅行の時などに便利です。
また工事が要らないので、自宅のWiFiとして使うのにも便利です。

そんなポケットWiFiですが、
数週間から数ヶ月など長期間使う場合どれを選べば良いのでしょうか?

使用の仕方にもよると思いますが、選ぶ際のポイントを調べてみました。


料金で選ぶ

国内向けのポケットWiFiであれば、高速データ通信ができる物であっても比較的安価に借りることができます。
特に長期間レンタルするとなると、割引適用の場合があるので通常料金よりさらに安くレンタルすることができます。

当サイトで長期間のレンタルが特にお得なのが、WiFiレンタルどっとこむです。
1日の単発レンタルであれば300円でと通常料金も安いのですが、当サイトから1か月間借りれば1日なんと!79円!!
100円以下でいつでもどこでも、タブレットでもパソコンでもネットに繋げちゃいます。

容量は5Gとなっております。5Gの目安としては、YouTubeの動画6時間は見れちゃいます。
YouTubeよりデータ通信量が少ない動画である、ニコニコ動画の生放送なら33時間見ることができるんです!
移動中に動画を見たりしても問題ありません。コスパが非常に良いのでおすすめです。
同会社のデータ無制限プランの場合、このサイトから1ヶ月申し込んで頂ければ1日150円程度でレンタルできます。
動画もみたいし、ゲームもしたいという方はご利用ください。


データ通信量で選ぶ

オンライン上で作業しなければいけない場合、
また動画の視聴が好きな方はデータ通信量が気になりますよね?
使い過ぎた後は使い物にならないではレンタルした意味がありません。

そんな方のため最近は通信量無制限の国内WiFiも増えています。

WiFiレンタルどっとこむは容量が無制限の国内WiFiを提供しています。
長期利用なら、無制限でも1日150円程で利用することができます。

WiFiレンタルサービスも無制限のWiFiをレンタルすることができます。
4Gの無制限となると、レンタル料が高そうなイメージですね。
しかし長期利用なら、無制限の4GLTEのWiFiが200円程で借りれます。
制限を気にしなくていいのはもちろんのこと、高速通信も手に入るのはうれしいですね。

SoftBank PocketWifi200円程で無制限の4GLTEWiFiをレンタルすることができます。
この国内WiFiレンタル会社はWiFiをポストに投函して返却することができます。
ここまでは普通の国内WiFiとあまり変わりませんが、決定的に違うポイントが一つあります。
それはレンタル終了日の翌日の消印も有効と言う事です。

普通はポケットWiFiの契約が終わった日の消印がないと1日延長して借りたと言う事になってしまいます。
しかしSoftBank PocketWifiは翌日までの消印なら延長料金は取られません
旅行でレンタルした場合、時間に余裕がなく返却し忘れても延滞料金が発生しないありがたい制度です。

繋がりやすさで選ぶ

欲を言えば要望はいろいろあるけど、何を差し置いてもとにかく繋がってくれない事には始まりません。
国内WiFiの種類によって繋がりやすさに差は出てくるのでしょうか?

ポイントは基地局の多さと、そのWiFiがキャッチする電波の周波数です。
一般的にスマホと同じ周波数の4GLTEが障害物の多い建物の中などでも繋がりやすいといわれています。
逆に高周波数の電波を利用するWiFiは、電波が壁に当たると跳ね返りやすいので建物の中は不利と言われています。

最近ではどの通信会社もカバーエリアが広がってきました。
公式サイトでどのエリアが範囲となっているか調べてみるのが良いでしょう。
都市部ではあまり気にしなくてもいい場合が多いのですが、山間部などはエリア外になっている場合がほとんどです。
辺鄙な場所にも行く場合、確認を怠ると現地について全く繋がらないという事態になりかねないので注意しましょう。