国内WiFiの端末にスマホを使用

WiFiを国内でレンタルする時の選び方って難しいですよね。

選ぶ基準は様々ですが、
一つは国内WiFiを使用する時に利用する端末を基準に選ぶことです。

スマホ(スマートフォン)、パソコン、タブレットのいずれかを利用することが多いのではではないでしょうか。

スマホ(スマートフォン)の普及率が高くなり使用する方も多いです。

スマホの使用時に国内WiFiレンタルの選ぶ基準を紹介します。

※これより下記はスマートフォンのことをスマホと表記します。

国内WiFiレンタルの下り表記を気にしよう

スマホをメインに使用する場合、下り通信最大速度を気にしてレンタルする国内WiFiを選んでみるといいでしょう。

下り通信最大速度とは、ダウンロードのことです。
ダウンロードといっても実際にダウンロードだけではなく、ページを開く際などデータを受信することも含まれます。

スマホの場合、基本的に下りの通信を利用することになります。
下りの速度はWiFiを国内でレンタルする際には、各レンタル会社記載されているため確認しましょう。

普段の利用から必要な容量を考えよう

容量は少ない方が金額を抑えることができます。

スマホの利用に国内WiFiをレンタルする場合、使用する目的によって必要な容量を考えましょう。

メールの送受信
スマホでのメール使用は、1通で500KB程です。これは添付ファイルを含めた上での通信容量となっておりますので、テキストのみ通信容量は低くなります。
1Gあれば2000通程度は送受信できます。


ウェブサイトの閲覧
スマホの場合ウェブサイトの閲覧は300KB〜1MB程となります。
1Gで1000ページ閲覧できます。
※サイトに添付されている画像の多さにより左右します。

動画視聴
どのコンテンツを使用するかで多少差がありますが、目安としては1分で4Mです。(スマホで中画質を視聴)
1Gで4.5時間程の視聴が可能です。

音楽ダウンロード
近年では多いスマホで音楽ダウンロード。
1曲に必要な通信容量は4Mです。1Gあれば250曲ダウンロードすることができます。

以上がスマホを使用した時に必要とする通信容量です。
WiFiを国内レンタルする場合、小容量の場合基本は5Gでの提供となります。

レンタルプランが5Gであることを考えると動画を視聴しなければ1ヶ月使用しても十分足りるとは思いますが1日1時間以上動画を視聴する場合は無制限や大容量の国内WiFiをレンタルすることが好ましいです。

スマホの場合は同時接続台数も確認!

国内WiFiをレンタルする目的がスマホの利用の場合って一時帰国や旅行などではないでしょうか?

旅行時にスマホの利用で国内WiFiをレンタルする場合は、複数人でWiFiを使用するケースがあるでしょう。

その時に大人数で使用しても問題がないか国内WiFiの最大同時接続台数を確認しましょう。

ちなみに最大同時接続の数を最大数で接続すると国内WiFiの通信速度がかなり遅くなりますので大人数の場合はレンタル数にも気を付けましょう。

国内WiFiレンタルを比較する