入院時のレンタルWiFiについて

入院中は安静にしていなければなりません。

入院中はとても退屈です。そうなるとついついスマホに手を伸ばしてみたり、パソコンを使用したくなります。


今回はそんな入院生活中のインターネット事情について役立つ情報を提供します。

病院内でインターネットを使用してもいいの?

そもそも病院内でインターネットを使用してもいいの?

と疑問に思った方もいらっしゃるのではないだろうか。病院には様々な機器があるわけですし、それらの機器に影響を及ぼしてしまったら大変なことです。なので飛行機内と同じでインターネット接続が制限される場所もございます。

それが病室である場合や待合室である場合がございます。それらは病院ごとに決まっていることなので一概にインターネット接続は可能であるとは言えないので事前に病院に確認してみることをおすすめします。(近年では、WiFiが利用できる病院が多くなってきています)

病院内ではどんなWiFiを選ぶべき?

入院中にはどんなレンタルWiFiを選んだらいいのか、何を基準にして選ぶべきであるのかを説明していきたいと思います。

電波の安定度で選ぶ

まずは電波の安定度が選ぶ基準になってくると思います。

病院はほかの建物と違って頑丈に作られていますし、壁が厚かったりして電波が届きにくい場所が多いです。


なので普段から電波が弱いものなどをレンタルしてしまうとせっかく借りたのに電波が全然入ってこずにあまり使用できなかったなんてことが起こってしまいます。入院中に使用するものを選ぶ際は通信が安定しているものを強くおすすめします。 ちなみに都内の回線ではsoftbankが一番安定していると言われております。

softbankの国内WiFiレンタルを比較する場合はこちら

データ量で選ぶ

もう一つの選ぶ基準として挙げられるのがデータ容量です。

用途にもよるのですが基本的に入院中は普段よりもインターネットを使う機会が増えてしまいがちなのでデータ容量は大きな判断基準になってくると思います。


動画や映画を見る機会が多いなら圧倒的に無制限のものをおすすめします。

入院しても対して使わない人には容量が少ないもので価格を重視したプランをおすすめします。 自分がどんな使い方をするのかを把握してからプランを選択してみてはいかがでしょうか。


多い容量プランの国内WiFiレンタルを比較する場合はこちら

少ない容量プランの国内WiFiレンタルを比較する場合はこちら

まとめ

病気やケガは予期せずに突然起こってしまいます、いきなり入院なんてことも起こりうるのです。

そんな突然起こってしまった入院生活を少しでも快適に過ごすためにインターネット環境は大切なのではないでしょうか?

残念ながら病院によって制限されてる場合もあるとは思うのですが、一時的にでもレンタルWiFiを利用してみてはいかがでしょうか。