国内WiFiをレンタルするメリット

普通に自分の携帯が使える国内でレンタルWiFiを借りるメリットは何でしょうか?
今回は国内WiFiを借りるとどんな時便利かご紹介します。

定額で安心
使った分だけ請求されるのではないので暇つぶしに動画を沢山見てしまったとしても大丈夫!通信量無制限を借りれば仕事でもちゅみでもしっかりお得に使えます。
フリーWiFiが見つからなくても大丈夫!
田舎や病院などフリーWiFiがあるお店に行けない!でもどうしてもタブレットをネットにつなぎたい!!という場合でもご安心ください。国内専用WiFiならスタバのない場所でも繋がれます。
安全のセキュリティー
不特定多数の人が使うオープンなWiFiはセキュリティーが心配という方もご安心ください。レンタルWiFiなら、WiFi本体に書いてあるパスワードを入れないと使えないですししっかり暗号化されているので安心です!
操作が非常に楽
ポケットWiFiの操作は基本的にボタンを押して求められればパスワードを打ち込むだけ。機械を使い慣れていない方でも、初めて触る方でも迷わず使えます。
サポートが充実
自分でWiFiルータを買うと、壊れてしまったらそれまでです。しかしレンタルWiFiの場合補償などに入っていれば修理を受けられたり代えの機械を借りられたりするので便利です。


国内WiFiを借りるデメリット

荷物は若干増える
WiFi本体も小さく軽いのですが、少なくとも(WiFi本体・充電器・充電コード)を入れたポーチは持っていかなければなりません。出来る限り荷物を軽く少なくしたい方にとっては気になるかもしれません。
料金がかかる
WiFi本体だけでなく、充電器などはオプションである場合があります。本体以外にも料金がかかる場合があります。
保険をかけていない場合修理費用が高い
なんの保険もない場合、修理費用は高いです。自分で購入したくらいの値段になる場合もあります。大丈夫だろうと思わずに保険には加入しましょう。

レンタルと購入を比較した上でのメリット・デメリット

海外WiFiならまだしもWiFiを国内でレンタルすることに関して馴染みは少ないと思います。
初めに、必ず国内WiFiをレンタルした方がいいということは決してありません。
しかし、日本国内でもWiFiをレンタルした方がお得になる方も確実にいます。
国内でWiFiをレンタルするメリット・デメリットを踏まえご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

据え置きと比べてのメリット・デメリット

据え置き型というのはWiFiの種類の一つであり、工事をして家に設置するWiFiです。基本持ち運びはできません。
国内WiFiレンタルは基本的にモバイル型のポケットWiFiとなります。

■ メリット
1.持ち運びが楽なので使用したい時にインターネットに接続することができます。
2.スマートフォンが繋がりが良くない地方などでもキャリアによっては接続することができます。
3.工事が必要ないため比較的早く使用することができます。

■ デメリット
1.通信速度が据え置きのWiFiと比べると多少劣ります。
2.国内WiFiの機種によっては通信速度に制限がある機種があります。

購入型の国内WiFiと比較した場合のメリット・デメリット

上記では、据え置き型のWiFiとモバイル型の国内WiFiについてメリット・デメリットについて紹介しています。
上記を踏まえた上でモバイル型の国内WiFiの利用を検討している方は、下記の購入型と比べた場合のメリット・デメリットについてもご覧ください。

■ メリット
1.国内WiFiは1日からレンタル可能なので使用したい期間だけレンタルが可能です。
2.基本的に事務手数料、違約金が発生しないため上記のものと合わせて無駄な費用を抑えることができます。
3.様々な場所で受取ができ、申込から最短で翌日に受取可能と国内WiFiはすぐに使用できる。

■ デメリット
1.受取、返却や利用料金など長期的に見ると購入したときに比べて費用がかかります。
2.故障や紛失した場合に安心補償に加入していないと負担が大きくなる。
3.使用する期間が決まっている。

国内WiFiレンタルを比較する