WiFiレンタルを国内で利用するメリット・デメリット

海外WiFiならまだしもWiFiレンタルを国内で利用することに関して馴染みは少ないと思います。

初めに申し上げますが、必ずWiFiをレンタルした方がいいということは決してありません。


しかし、日本国内でもWiFiをレンタルした方がお得になる方も確実にいます。 WiFiレンタルを国内で利用するメリット・デメリットを踏まえご利用を検討してみてはいかがでしょうか。当ページでは、WiFiレンタルを他のサービスと比較した場合についても掲載しメリット・デメリットが一目で分かるページとなっております。

国内WiFiレンタルが一目で分かる一覧表

WiFiレンタルを国内で利用するメリット

定額で安心
使った分だけ請求されるのではないので暇つぶしに動画を沢山見てしまったとしても大丈夫!通信量無制限を借りれば仕事でもちゅみでもしっかりお得に使えます。
フリーWiFiが見つからなくても大丈夫!
田舎や病院などフリーWiFiがあるお店に行けない!でもどうしてもタブレットをネットにつなぎたい!!という場合でもご安心ください。国内専用WiFiならスタバのない場所でも繋がれます。
安全のセキュリティー
不特定多数の人が使うオープンなWiFiはセキュリティーが心配という方もご安心ください。レンタルWiFiなら、WiFi本体に書いてあるパスワードを入れないと使えないですししっかり暗号化されているので安心です!
操作が非常に楽
ポケットWiFiの操作は基本的にボタンを押して求められればパスワードを打ち込むだけ。機械を使い慣れていない方でも、初めて触る方でも迷わず使えます。
サポートが充実
自分でWiFiルータを買うと、壊れてしまったらそれまでです。しかしレンタルWiFiの場合補償などに入っていれば修理を受けられたり代えの機械を借りられたりするので便利です。

WiFiレンタルを国内で利用するデメリット

荷物は若干増える
WiFi本体も小さく軽いのですが、少なくとも(WiFi本体・充電器・充電コード)を入れたポーチは持っていかなければなりません。出来る限り荷物を軽く少なくしたい方にとっては気になるかもしれません。
料金がかかる
WiFi本体だけでなく、充電器などはオプションである場合があります。本体以外にも料金がかかる場合があります。
保険をかけていない場合修理費用が高い
なんの保険もない場合、修理費用は高いです。自分で購入したくらいの値段になる場合もあります。大丈夫だろうと思わずに保険には加入しましょう。

ポケットWiFiのメリット・デメリットとは

ポケットWiFiとは

WiFiには工事が必要な据え置きタイプのWiFiと工事が必要なく持ち運び可能なWiFiがあります。

ポケットWiFiとはモバイル型の持ち運び可能なWiFiの中でYmobileが提供している商品のことを指します。


基本的にWiFiのレンタルを国内で利用する場合はポケットWiFi(モバイルWiFi)となります。

据え置きのWiFiとポケットWiFiのレンタルを比較したメリット・デメリット

メリット
デメリット

WiFiレンタルを国内で利用した場合のメリット・デメリット

上記では、据え置き型のWiFiとモバイル型の国内WiFiについてメリット・デメリットについて紹介しています。

上記を踏まえた上でモバイル型の国内WiFiの利用を検討している方は、下記の購入型と比べた場合のメリット・デメリットについてもご覧ください。

購入型とレンタルWiFiを比較した場合のメリット・デメリット

デメリット

まとめ

WiFiレンタルを国内でするということに関して現在はまだ認知度は高くない状況です。そのためWiFiレンタルが自分に合ったサービスなのかしっかりと見定めましょう。

また国内でのWiFiレンタルサービスを踏まえることで実際に利用した際そのサービスの良さをより生かすことができます。現在では、引っ越し時、一時帰国時、入院時、出張時に主に利用されているサービスとなります。