一時帰国者必見!国内WiFiをレンタルする理由

仕事の都合で現在海外にいる、海外で仕事をしている、海外の学校に通っている。


あなたに日本に一時帰国する機会ができた。

一時帰国する際に「知らない」ということが命とりになる恐れがあるかもしれません。 海外からの一時帰国での知識あなたは十分でしょうか?

不安がある場合は当コンテンツに少し目を通してみてはいかがでしょうか。

一時帰国の際に何が危ないのか

ネット環境について「知らない」は危ない

海外で日々生活したまに日本に帰国する。その際にネット環境がどうなのか気になったことはありませんか?

結論から言うと海外で普段利用する携帯電話を日本で利用すると高額請求を受ける事になります。

海外で普段利用するWiFiは基本割引が適用されています。しかし、各国それぞれの国でが提供している携帯電話は日本での利用は基本割引の対象となりません。そのため高額請求を受けてしまうことがあるのです。


日本から海外に行く時にWiFiやSIMを準備していかなければ高額請求を受けてしまうのと同様です。イメージとしては日本から海外に行くか、海外から日本に行くかの差で内容はほとんど同様となります。

一時帰国した場合の高額請求具体例

仕事で海外に一年間住んでいるAさんがいるとします。 Aさんは休暇をもらって日本に一時帰国する事になりました。

前提としてスマートフォンも持っていますし、ノートパソコンも持っています。


日本に2週間程滞在した後、帰国し海外の拠点に戻り請求書を確認するのです。その結果請求書には数十万の請求…

固まりますよね。楽しかった一時帰国が吹き飛ぶことが皆さんも創造できるのではないでしょうか。 こちらの具体例はあり得ない話ではなく、実際に1週間程の一時帰国でも十万円以上請求を受けた方もいます。危険は身近なんです。

国内WiFiレンタルを活用するのがおすすめ

そもそも国内WiFiってご存知ですか?

皆さんは国内WiFiというものについてご存知でしょうか?

上記でも少々掲載しましたが、海外レンタルWi-Fiはご存知の方は多いと思います。日本から海外に旅行する際に海外でも不自由なくインターネットを利用したい人が空港などで借りていく、あれのことです。


国内WiFiとは文字通り海外レンタルWiFiの日本国内バージョンです。 国内で利用するWiFiには主に工事が必要で設置するタイプ、持ち運び可能なモバイル型の2種類に分かれます。

工事が必要な国内WiFiは安定性抜群ですが設置までに期間が必要であり、契約期間(2年)が定められています。そのため日本滞在時の拠点に既に設置型のWiFiがある場合は設置型、ない場合はモバイル型の利用がおすすめです。

なぜ国内WiFiをレンタル?

国内WiFiの必要性については上記に述べた通りなのですが、次はなぜレンタルがいいのかについて説明します。


結論からコスパがいいからです。

インターネットを利用して簡単に予約して頂くことができ、ご利用者様のご都合に合わせて融通が利くといった点でオススメできます。

例えば、受け取り方もシンプルで自分が帰国する空港で受け取ることができ、日本に着いた瞬間から使用できる。同じく返却の際もお帰りの空港で返却できるので帰る直前まで使用することができ、手間もかからないといった形になっております。

まとめ

母国の日本であるからと言っても油断は禁物です。特に一時帰国の際のインターネット利用については注意が必要となります。近年では、スマートフォンの普及もありインターネット利用率もかなり上がっています。

国内から海外、海外から国内どちらも基本的には同じです。「知らない」が待ち受けるのは高額請求です。準備を取れるかどうかとなります。主な対応策は「国内WiFiレンタル」、「格安SIM」が一般的ですので是非活用して高額請求からのがれましょう。