小容量の国内WiFiレンタルのメリット


小容量とは基本5G〜10Gの容量を指します。
WiFiを国内でレンタルする場合、取扱の多くは5Gのプランとなります。

5GのWiFiは容量は少ないですが、料金は安く利用できます。

大容量の国内WiFiレンタルした場合、WiFiを購入した場合それぞそれ利用する際の料金について比較し調べたいと思います。

国内WiFiを大容量と小容量(5G)で比較

WiFiを国内でレンタルすると大容量と小容量のプランがあります。
※小容量の場合、利用する機種も異なる場合がありますのでご注意ください。

小容量のプランの特徴は何と言っても料金です。
大容量の国内WiFiレンタルが4,510円/月であるのに対し、小容量の場合1,750円/月程でレンタルすることができます。
(上記の金額はWiFiレンタルどっとこむのプランから抜粋したものです)

小容量の国内WiFiは大容量のWiFiに比べて3分の1程の安い金額でレンタルすることができます。

国内WiFiを購入した場合と5Gレンタルした場合で比較

上記では、WiFiレンタルした場合の容量の比較について記載しました。
しかし、そもそも小容量の国内WiFiを購入した場合とレンタルした場合ではどちらが安いのでしょうか。

実際に確認してみましょう。
1ヶ月の国内WiFiレンタルを想定した金額となっております。

まず、国内WiFiを購入した場合ですが、
5Gの一番安いプランで契約した場合月の支払い額が928円です。

安い!!ではレンタルの国内WiFiは?
レンタルの場合、上記でも記載したように月の支払い額は1,750円です。

購入の方が全然安いじゃん…と思うかもしれません。
しかし、購入した場合には罠がありますのでご注意を。

実はWiFiを国内で利用するにあたって利用料金以外の費用も掛かるんです。
上記の金額はあくまで利用料金であって契約時にはその他の費用もかかるため確認してみましょう。

国内WiFiをレンタルした場合の費用は送料が往復分で1000円程かかります。
対して購入の際にはほとんどの場合、事務手数料3000円程、機種代金2万円程がかかります。
※レンタル、購入に関わらずオプションを付属させるとさらに費用が増えます。

上記を確認すればもうお分かりですが、レンタルに比べて購入は初期費用がかなり高いです。
2年近くの利用が前提であれば、購入がお得ですが2年未満の利用ならば5Gの国内WiFiはレンタルをおすすめします。

購入の場合は、国内WiFi購入時に代金を支払う場合の他にも月々の支払に国内WiFiの代金を含む場合があります。
後者の場合、初期費用を抑えることができますが、契約の変更には違約金が発生します。


購入とレンタルのメリット、デメリットを踏まえて国内WiFiを利用しましょう。